×

WeChatを開いてQRコードをスキャンする
WeChatパブリックアカウントを購読する

ホームページ 事務所について 専門分野 インダストリー 弁護士等紹介 グローバルネットワーク ニュース 論文/書籍 私たちに参加する 連絡先 配信申込フォーム 锦天城二十周年 CN EN JP

自由貿易区関連業務

人民元の国際化や上海における国際金融センター・自由貿易区/自由貿易港の設立、「一帯一路」等の国家戦略が進む中で、企業や金融機 関向けに対外投資に関する法的事務をますます多く手がけ、対外投資リーガルサービスの最先端を走っています。また、最も早期から 「自由貿易区四地連動」や「一帯一路」、「走出去」に関する法律業務を実施している全国的な法律事務所であり、自由貿易区分野の先 駆者であり、傑出した存在であります。


また、2013年に上海自由貿易区が発足すると最も早く入居し、上海自由貿易区オフィスを設置し た法律事務所の一つとなりました。当事務所は上海自由貿易区対外投資サービス・プラットフォームの設立において全プロセスに及ぶ リーガルサービスを提供し、同プラットフォームにおける初のリーガルサービス提供事業者の一つとなりました。さらに、「天津企業走 出去サービス連盟、自由貿易区対外投融資総合サービス」を初めて締結したリーガルサービス提供事業者の一つでもあります。当事務所 は『上海自由貿易区白書(中国語・英語版)』、『福建自由貿易区白書』、『天津自由貿易区白書』を編纂・出版しています。2018年6 月には当事務所主任の顧功耘教授とシニアパートナーの尹燕徳弁護士が中国共産党浦東新区委員として招聘され、浦東新区人民政府と中 国(上海)自由貿易試験区管理委員会において顧問弁護士を兼任することになりました(任期3年)。シニアパートナーの葉芳弁護士も 2016年1月から中国(上海)自由貿易試験区管理委員会保税区管理局に顧問弁護士として招聘され(任期2年)、2018年1月に再招聘を受 けています(任期3年)。