×

WeChatを開いてQRコードをスキャンする
WeChatパブリックアカウントを購読する

ホームページ 事務所について 専門分野 インダストリー 弁護士等紹介 グローバルネットワーク ニュース 論文/書籍 私たちに参加する 連絡先 配信申込フォーム 锦天城二十周年 CN EN JP
ホームページ > 専門分野 > 消費・小売

消費・小売

中国では、ライブコマース、ソーシャルメディアマーケティング、ニューリテールの勃興と爆発的な発展に伴い、消費と小売の規範化を図る一連の法律・法規が次々と発表され、消費と小売業界が直面する法律コンプライアンスのニーズが高まっています。小売は個人消費と直接に関わっているものであり、一連の業界変革の中、個人消費の高い伸びが続き、特にインターネット小売業は最もアクティブな分野の一つであって、2020年と2021年の取引高と取引金額はいずれも従来型の小売業を上回っています。インターネット小売業が目覚ましい発展を持続的に遂げている一方、従来型の小売企業も次々と業務をオンライン化にシフトし、小売業界の競争がますます激しくになっています。複雑化が進む市場において、インターネット小売企業とシフトチェンジを求める従来型の小売企業の衝突は絶えません。


当事務所は消費と小売関連のリーガルサービスに従事する弁護士チームを有しており、消費と小売業界に対してよりよいリーガルサービスを提供する能力と条件を有しております。また、消費と小売業界に対し専門的なリーガルサービスを提供することに力を入れており、従来型の小売業界の企業だけでなく、ライブコマース、ソーシャルメディアマーケティング、ニューリテール業界の複数企業も当事務所のクライアントです。なお、当事務所が提供する企業コンプライアンス管理業務の中では、飲食品、FMCG(日用消費財)、ファッション、射幸産業(中国語で「博彩」)のクライアント向けの広告、税務プランニング業務が含まれており、これらの業務に携わる弁護士がかかる業界に触れることができ、次第に当該業界のクライアントに対しサービスを提供することとなります。そのゆえ、消費と小売専門委員会の新規設立は比較的幅広い弁護士基盤を持っています。


当事務所の数多くの消費と小売分野のクライアントを擁し、これが消費と小売業向けのリーガルサービスの基礎となります。一部の統計データによると、現在、当事務所が持っている消費と小売業界のクライアントが数百社に達しており、その中には茅台、ゼスプリ、AUX、雅士利、好麗友(Orion)、康師傅、地素ファッション(DAZZLE FASHION)、無印良品、資生堂、九陽などの大手企業が多数含まれており、すでに数百社向けに広告・不正競争・税務等のコンプライアンス管理、買収合併、クロスボーダー投融資、資本市場などの分野のプロジェクトに対し全面的なリーガルサービスを提供しています。

 

サービス範囲

M&A/譲渡

経営者集中申告

投融資

不正競争防止

商業賄賂防止

消費苦情紛争処理

ネットワークセキュリティ/データセキュリティ・コンプライアンス

募集株式の発行及び新規株式公開

合弁会社の設立及び撤退

株式スキームについての提案

ニューリテール・コンプライアンスに関するスキームの提案

税務コンプライアンス・コンサルティング

知的財産権保護

労働人事管理

債権債務整理

訴訟/仲裁

年間法律顧問